セラピストとデイビッド盛運の。

あるものを得るために、あるものを捨てる必要なものを切るというのは、ただ我慢するということではありません。それでは結局、息切れするでしょう。人があえて必要なものを切ることができるのは、より必要なものへと向かっていくときだろうと思うのです。「少欲知足」と言いますが、これは目標として掲げるようなものではなく、何かの結果として生じるものです。つまり、あることを追求していったら、そのためには犠牲にしなければ困難な時代をどう生き抜くかならないものがあるということで、がんばるわけです。何かを「狙う」ことが先にあって、そのために何かを「切る」のです。ただ我慢を強いても意味がないでしょう。だいたい、欲の正体も知らずに「欲を少なく」とか「足るを知らないといけない」などと説いたところで、何が少なくて何が足りているかを判断する基準もありません。ある価値を追求していったとき、その結果我慢しなければならないことがあるというのが本来の意味でしょう。たとえば、仏道を追求するがゆえに、少欲知足が必要だ、と。あるいは、日本の社会にまともな子供が育ってほしいと真に願うなら、もしくは人間としてもう少し安らかに死んでいきたいと願うのであれば、そのための犠牲を払う、ということです。

ちょうどそんな時期に、私は偶然、ADDというの存在を知り、興味を持って調べていくうちに本書を見つけたのです。読み進んでいくと、次から次へと、自分にも覚えのある記述の連続です。そうか、片づけられないために人生をあきらめてきたのは、私一人じゃなかったんだ。いただきもののお礼状や季節のカード(日本で言えば年賀状に当たるものでしょう)が出せなくて、人間関係が自然消滅していったのは、私一人じゃなかったんだ。自分は雑用ができないから仕事ができないと思い込んでいたのは、私一人じゃなかったんだ。自分がADD(注意欠陥障害)なのかどうかはわからないし、専門家にきちんと調べてもらいもせずに素人判断をするのは危険なので、その点はカッコにくくったままで読んでいきましたが、本書の後半、仕事の見直しかた、それに人間関係の立て直しかたの章を読むと、「見切り発車」してからの私が手探りでやってきたことが決して間違いではなかったという気がしてきて、とても勇気づけられた ものです。

これらの構想は、地方自治体による「地域情報化構想誘発した」を。高木正。天野昭yyy、EES5は」。企。の略称「みる。遠くという略語終戦後・メディ。二月にNったので、まだ食、一635」えた。vテレビ怜 NHK契約第一号受信機写真/NHO一九年に普及率二五%となヒ中継はを加えたて三三三ビ受信契約数が二OO万件だっCATVをはじめキャプテン音声φμNHKと民放・NHKと民放が高かったが、民放は日本のGNPの伸びと同調してすすみKの運営費の四倍をこすほどにつれては民放の人気番組NHKKサビスセンターのつくり方をまね、民放側もまたのが年々倍増の勢いでふえ、六二年三月には一000万件をたのヒNHKy卜番組制作の方。

同年一月、大平正芳外キムクヲンピル相・金鍾泌中央情報部長会談においていわゆる「大平・金メモ」が取り交わされ、最大の難問であった請求権に関しても無償・有償援助あわせて五億ドルの経済協力を日本がおこなう線で妥結し、交渉は大きく前進しOO700 た。しかし、その後日韓交渉に対する反対運動の激化などおもに称国側の圏内事情によって交渉は遅滞せざるをえず、六五年に入ってようやく日韓両国は国交を正常化するところまで漕ぎつけ、六五年六月一日に東京で日韓基本関係条約など関係文書が調印され、一二月一八日にソウルで批准書の交換式がおこなわれた。こうして、全七条からなる同条約は締結されたが、第二条と第三条をめくっては日韓双方の見解は最後まで一致せず、表現をいわば寸玉虫色」のものとすることによって妥協に漕ぎつけたて、双方がそれぞれの立場から解釈できる余地を