作業環境のトランスフォーム

相変わらず作業環境の試行錯誤中です。
今度は板タブを設置してみました。

私のメインマシンはcintiq16という液タブなんですが、先日体調を崩し原点の板タブに戻した瞬間がありました。その後体調も戻り、急ぎの時は正確に描ける液タブを使いますが、最近のIntuos Proの描き味の良さにハマってしまい今後は両方使う事にしました。

板タブ ー 普段のお絵描き、ネーム、下書き、急がない時のペン入れ
液タブ ー 仕事モード、急ぎの時

という使い分けをしようと思ってます。

しかし問題が発生!

今までは27インチのモニタに対しIntuos Pro Lサイズだったんですが、MacBook Pro14インチをメインマシンに切り替えて、モニタが24インチにサイズダウンしたのでサイズ感があってない!実は勢いで板タブのLサイズを買ったところがありまして少し後悔してました。Mサイズでも良かったなかな…と。
案の定描き心地が気持ち悪くなってしまいました。簡単にいうと腕ごと使った大ぶりのストロークをしなければちゃんと線が描けないってこと。

本来このLサイズの板タブは25インチ以上のモニタに向いてるサイズでした。でも私のモニタは24インチになったし…で困ってたけど方法をみつけましたよ!ヒャハー!

システム環境設定のワコムタブレット設定から「タブレットの操作エリア」を全画面から一部領域に変更する!最初はIntuosMサイズのデフォルトの数値でも入れようかなと思ったけど探しきれなかったので適当にカーソルを合わせて描き味を見ながら調整しました。数値は適当です。ドラッグで調整してます。

あと、忘れちゃいけないのが縦横比の保持ですね。
これ忘れると綺麗な丸が描けません!

これでバッチリな描き心地に戻りました!大振りストロークをではなく、手首を返してしゃしゃ!っと描けるようになりました♪

今までずっとiMacだったのに今回初めて違う形態になり不安でしたが、結果、好きなようにトランスフォームできるようになったのは嬉しい誤算です!

キーボード最高!

先日の記事でも書いたけど純正じゃないキーボードも今回初めて買ったのですが、これのおかげでスマホを触らずにLINEのやりとりもできるようになりました!便利ー!これはマジ感動。普通にパソコン作業中、友人からのLINEに返事をしたい時はキーボードの切り替えスイッチをポチッと切り替え。

純正キーボードの場合、1つのデバイスしか登録できないけどロジクールのキーボードは3デバイス登録ができるので買って大正解。

これで切り替えますよ。

そんなこんなであとはまた思い立ったら改善していこうと思ってます。

ちなみに使わない時はこんな感じで収納。
こういう部分も今回のパソコン入れ替えでのお気に入りです。

普段のネットサーフィンなどはMacBookだけで足りてるし。

うーん、シンプルになっていくこの感じが気持ちいいです(笑)

_____________________
応援よろしくお願いします♪